other

はじまりは終わり〜一歩踏み出す勇気〜

はじまったら終わってしまう…

だからこそはじめたくない、臆病になる。その時を楽しめばいいのに、未来を見据えて辛くなる。

友達も彼氏もいらない。一回り離れているお姉さんやお兄さんがとても居心地がいい。きっと中身が子供だから。

そんな私にも同級生の友達は少なからずいる。友達でいてくれてる優しい子。

「声が聞きたい」そんなことだけで電話をした。

電話をする前は、

「こんなことで電話していいかな」

「時間取らないかな」

いろんなことを悩んでしまう。震えた手で電話をかけた。3コールして出なかったから、深呼吸をして気持ちを落ち着かせる。3分後LINEが来て、「どした!?」。

すぐに電話をくれた優しい友人。声を聞けた安堵感と懐かしさで体のこわばりが取れる…

声ってすごいな

黙って話を10分ほど、きいてくれた。体験と交えて答えを教えてくれた。答えなんてあってないようなものだけど、仮定としての答えはあると思う。絶対的な事象もない。

とにかく私にとっての最善をくれるように探してくれる。

友達、はじめといてよかった

そのあとお店で働く40歳のわがままボディのおじちゃんのところへ行った。

向き合って話を聞いて年上らしい答えを出してくれる。

「人間不信になった?仲間?笑」と、冗談のおかげで少し楽になる。

優しい人は傷つきやすい

偽善は自分自身の中を傷つける

自分中心の人生は確かに必要。RPGゲームでいえばみんな主人公。自分中心でなんぼ

でも犠牲にすることの人生の人もあっていい気がする。正解はない。

はじまってもいないゲームは足踏みのまま

そろそろはじめれたらいいなぁ

ABOUT ME
mayupon
占い師&管理栄養士です🔮世界の食、占い、文化が知りたくて世界旅行計画中✈️民族衣装好き👘都市伝説好き🌿直感と感覚、運で生きてます💎▶︎🇬🇺🇨🇳🇹🇭管理栄養士、KIJ Advancedまで修了(マクロビ)、九星氣学鑑定士、西洋占星術、ヴィパッサナー瞑想