food

食材よりも大切?鍋やフライパンの選び方

みなさんはどんな鍋やフライパンを使用していますか?

  • フッ素加工
  • ホーロー

上記以外にもたくさんありますよね。

食材がこびりつかないものを選びがちですが、その選び方はおすすめしません。理由は有害物質により健康を害す可能性があるからです。

鍋やフライパンはいわば「家」のようなもの。素材が食材に大きな影響を及ぼすので質のいい器具を選びませんか?

この記事では管理栄養士である管理人が「どの素材の鍋やフライパンがいいのか」についてご紹介していきますね。

おすすめ素材

いろんな種類の素材の鍋やフライパンがあります。その中でも私が実際に購入し、よかったと個人的に思っているものをご紹介していきますね。

土鍋

化学物質を使用していない土鍋を使用することがおすすめ。

鉛やカドミウムなどの化学物質を一切使用しない、天然素材のみの土鍋。

残留塩素や環境ホルモンもないので料理がやさしい味になります。化学物質は体にとって有害なものがあるので、それが体内に入ることで少し違和感を覚える味になります(個人的に)。食材本来の味を引き出すことも難しいので、土鍋はおすすめ。

特に以下のサンエフ健康陶器マスタークックは個人的に安心して使用できるなと思い使用しています。

 

マスタークックは土鍋だけではなく、以下のような土のフライパンもあります。

個人的に土のフライパンをオススメしたい方は以下のとおりです。
  • 金属アレルギーの方
  • 甘いものが好きな方(土素材は食材があまくなる)

日本食品標準成分表(食品成分表)で鉄釜とステンレス釜とでは鉄分は10倍の差があることが判明しました。

女性は近年特に貧血気味の方が多いので質の高い鉄のフライパンを使用して欲しいなと個人的に思います。

ガラス

ガラス製品も安心だと思いよく使用しています。ガラスの原材料は以下の3つ。

  1. 珪砂(けいしゃ)
  2. ソーダ灰
  3. 石灰

しかしデメリットな点がガラスは割れること。このガラスのデメリットを解消してくれる会社がフランス発老舗シャンパングラスメーカーアルクです。

・高い強度:衝撃に強く割れにくい
・完璧な透明度:透明度98.8%
・持続する輝き:食器洗浄器使用後も持統する輝き
・美しい音色:長く続く美しい音色

こちらの会社の製品はグラスだけでなく、以下のように鍋もあるのでおすすめです。

水筒のガラス版もあるかな〜と探したらありました。

現在このマグボトルを使用していますがとても使いやすいです。通常の水筒は飲み物の種類によっては水筒内部にある金属を溶かし中毒症状を誘発することもあります。

金属のないガラス製のこのマグボトルはおすすめ。

ステンレス

ステンレスの原材料は以下3点が主成分。

  • クロム
  • ニッケル

※金属アレルギーの方は使用は注意された方がいいかもしれません。

ジオ・プロダクトの鍋は内部にアルミニウムをサンドイッチにしているため、全体にムラなく伝わるので熱の効率性がいいです。そのため、調理時間の短縮につながりガス代の節約になります。

おすすめしない素材

これは避けたいと思うのは体に影響を及ぼしかねない素材です。

フッ素加工

テフロン(フッ素樹脂)という加工のおかげで油を少なくヘルシーで調理できるとても便利なもの。

でも、便利の裏側にあるものは人体の悪影響の恐れも…

テフロン加工のものに金属製の調理器具などを使用しテフロンが剥がれた時が非常に危険。何が危険か?病気(がんなど)の原因になる可能性があるというところです。

アルミ

アルミニウムの脳の認知障害の影響は科学的根拠はないと発表されましたが、腎障害や末梢神経毒に影響を及ぼすことがあります

末梢神経は脳神経と脊髄神経のことをいいます。末梢神経に影響を及ぼすことから脳の認知障害にも影響があるでは?…とこれは私個人の考えです。

家電製品について

個人的な意見ですが、私自身以下のような家電製品(白物家電)をあまり使用しないよう心がけています。

  • 炊飯器
  • 電子レンジ
  • ケトルのような電子湯沸かし器

理由は電磁波による人体への影響が示唆されているからです。

 

ここからは個人的な考えなので興味のない方はスルーしていただいても構いません。

私たち人間は約50万年前から「火」を使用していました。電気はだいたい1879年ごろと最近の出来事。(余談ですがこの辺りから伝染病もはやり始めました。)

そして、私たちの暮らしを便利にしてくれる電気の普及のおかげで病気の種類や患者は増加…電磁波に囲まれた生活を日々しています。

人のカラダは電気で動いており、電気に囲まれた生活と食べるものまでも電気で作ったものにするとカラダと反発しあい低体温に…でも火を用いたものだとカラダはポカポカして元気になる。

口でうまく説明できませんが歴史的背景やカラダとの関係性から「火」である「ガス」を使いたいです。

まとめ

毎日食べるものだからこそ、ちゃんとした素材を使用している調理器具を購入したい。

日々の蓄積が知らず知らずのうちにカラダを蝕み、体調が悪化…そんなことがある「便利」な世の中になってしまいました。良い面も悪い面もあるからこそ、なるべく「良い面」をみつけてなるべく自然に近い状態で過ごしていきたいと私は思っています。

これまでご紹介した内容が少しでもお役に立てると幸いです。

 

 

ABOUT ME
mayupon
占い師&管理栄養士です🔮世界の食、占い、文化が知りたくて世界旅行計画中✈️民族衣装好き👘都市伝説好き🌿直感と感覚、運で生きてます💎▶︎🇬🇺🇨🇳🇹🇭管理栄養士、KIJ Advancedまで修了(マクロビ)、九星氣学鑑定士、西洋占星術、ヴィパッサナー瞑想