other

【はじめてのタイ編】タイに行くための方法や両替場所、宿泊などを大公開

ツアーではなく、自力でタイに行ったほうが現地の良さを知ることができるけど、どうやってしたら良いのかわからない…

という方に向けた記事です。

右も左もわからない状況でなんとかタイに到着しましたが、案外簡単で日々ゲストハウス仲間と楽しめています。参考にしていただけると幸いです。

記事はこんな人向け

✓はじめてツアーじゃなくて自力で海外に行きたい!
✓できるだけ安く長く滞在したい!
✓うら若き女性の皆様!
✓英語できないけど、現地で英語を習得したいし友だちほしい!

タイに行くための準備物

長期的にタイに行くときの準備物をご紹介していきますね。ちなみに私は3週間タイに滞在予定で以下のようなものを持って行きました。

クレジットカード 楽天カード
楽天プレミアムカード楽天ゴールドカード
エポスカード
セゾンカード
パスポート 残存期間6ヶ月以上
現金
スマホ iPhone7plus SIMフリー
MacBook air 13インチ
充電器 アンカーの充電器
モバイルバッテリー
化粧品 資生堂
てぬぐい
速乾性のあるタオル2枚
下着5枚
小さいカバン
リュック
バックパック
生理用品
ドライヤー パナソニックヘアドライヤー
南京錠
野田琺瑯のバターケース
Fire7タブレット
洗濯洗剤の代わり

必要なものは現地で購入する予定だったのでカバン30Lで収まりました。

個人的な感想ですが、タイは日本よりも都会です。東京よりも都会な印象を受けたので、足りないものに関してはすぐに現地で購入することが出来ます。

タイ行きの飛行機

タイのバンコクは空港が2つ。

  • スワンナプーム国際空港:アジアのハブ空港で大きい
  • ドンムアン空港

上記2つの空港に行くためには、日本からは直通で以下の空港から出ています。

  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港
  • 福岡空港
  • 新千歳空港
  • 那覇空港

時期などによって値段は様々です。私は4月に関西国際空港からドンムアン空港着の便でしたが、値段は片道7,577円。平均的に片道1万円程度はするのでお得です。

スカイスキャナーだと安い時期といろんな航空会社を比較した金額がでるのでおすすめです。

スカイスキャナーのサイトはこちらから

6月7月が雨季のため安い時期らしいですが、2018年12月時点で探したとき、4月の時期がとても安かったので、スカイスキャナーで「最安値の月」で検索してみてください。

ちなみに4月は36℃程度で暑いです。日本のような蒸し暑さではなく、カラッとしているので特にしんどい感じはありません。

タイのおすすめ両替場所はスーパーリッチ

オレンジが目印、スーパーリッチがおすすめ。

ドンムアン空港にはスーパーリッチが無いので、市街まで到着用に軽く空港内にある両替場所で済ませておくことがおすすめです。

空港内だと、0.2655THBですが、スーパーリッチだと0.2855と差があります。

  • 空港内での両替:10,000円→2655THB
  • スーパーリッチ:10,000円→2855THB

200THBも差が出てきます。200THBもあれば美味しい食事にありつけるのでこの差は大きいです。

スーパーリッチはいたるところにありますが、個人的にレートが高いと思ったのは、BTSのアソーク駅です。

SAKURA SERVICEからお借りしています。画像をクリックするとより詳細な情報を得ることができます。 クリックすることで金銭が発生することはないのでご安心ください。

 

画像でいう緑のBTS Sukhumvit Lineのプロンポン駅〜サイアム駅は都会なのでその辺歩いてたら、見つけることができます。

両替にはパスポートが必要なので忘れないように注意してくださいね。

物価事情

タイはとにかく日本よりも物価が安いですが、急速な発展を遂げているので徐々に上がってきています。

1食あたり屋台だと150THBとかなので、日本円にすると526円でお腹いっぱいになります。(20代女性)

水は安いものだと5〜7THBなので17.54円〜24.56円程度。私はNatural100%のAuraの水を購入しているので9THBの31.58円です。

日本だと水が100円するので、それに比べると70円ほど安く手に入ることになりますね。

交通手段

タイ・バンコクでの交通手段は、

  • タクシー(車・バイク・トゥクトゥクなど)
  • 高架鉄道(BTS)
  • 地下鉄(MRT)
  • バス

があります。

タクシー(車・バイク・トゥクトゥクなど)

横に手を伸ばしたら、タクシーが止まってくれます。

タクシーは会社のものだと、値段が距離によって決まっています。バイクやトゥクトゥクだと値段交渉になります。

「ヤークパイ○○カー」:○○に行きたいです
「ソーイ○○」:道路番号を伝える
「タオライ?」:いくらですか?
「カップンカー」:ありがとう

流れはこんな感じです。

最初に行き先を伝えて、最初に値段交渉をしましょう。
(はじめてトゥクトゥクに乗ったとき、交通量が多いところで拾ったのでぼったくりにあいました…最初に交渉しないととんでもないことになります…笑 100HTBで良いはずが500HTBも支払ったので…笑)

値段交渉の目安として、1時間あたりのタイの人の時給を頭に入れておくと交渉しやすいです。

タイ最低賃金2019年現在:1日あたり360HTB(1,263円)
参考:NNA ASIA

タイは労働時間8時間までとしているので、

360HTB÷8時間=45HTB

になります。

グーグル・マップなどで出てくる時間から計算して、このくらいかなってことを頭に入れてから交渉するほうがぼったくりにあわずに済みますよ。

徒歩距離10分程度:10HTB程度
徒歩距離20分程度:15HTB程度
徒歩距離30分程度:22HTB程度

ちなみにタイ語で「安くしてよ」は「ロッ(ト)・ダイ・マイ?」です。

安くしてくれる秘訣は、笑顔です。笑

(タイは笑顔でいろんなこと乗り越えることができます。入国審査の時、ずっとニコニコしてたら、何も質問されずに相手もニコニコして入国審査終了した経験をもつので大丈夫です笑 当たり前ですが人によります)

BTSとMRT

電車の乗り方は乗車券であるプリペイドカードを購入します。

参考として1駅行くのに17HTB(59.66円)でした。

使い方はプリペイドカードに掲載されています。

  1. 改札でプリペイドカードのQRコード部分を「ピッ」とします。
  2. 出る時は、改札口にカードを入れる場所があるのでそこに入れると出ることができます。

ぼったくりが怖い場合は、電車が安心ですね。

バス

バスについて書きたいのはやまやまなんですが、タイ語でしか書かれていなくて未だ乗車したことがありません…(ごめんなさい)

英語とタイ語が喋れるようになったら挑戦してみます…!

宿泊場所

宿泊場所は中心街に行くといくらでもあります。

私が宿泊している場所は、Monket nap hostelというプロンポン駅から徒歩7分の場所にあるゲストハウスです。(プロンポン駅は日本人が多いので、食事も日本食のお店がならんでいますよ)

クリックすると、予約画面に進みます。 クリックすることで金銭は発生しません。

 

私が予約したときは、平日が152HTB(533円)、休日が176HTB(617円)でした。私は9日間宿泊したので合計1488THB(5222円)。

時期にもよるんだと思います。

お風呂やトイレ、洗濯機はあります。

洗濯機利用は1回40HTBですが、少量の洗濯なら洗濯機近くの場所に手で洗える場所があるのでそちらを利用してもOK。

ただ注意点として、トイレとシャワールームのところにある洗面台では手洗いはしてはいけないようになっています。

週に1回程度お風呂とトイレの掃除に来てくれる人がいますが、汚いこともあるのでなんとも言えないですね…床がよく濡れているのでそのへんも気にならない人ならおすすめです。

目的にもよりますが、ここのゲストハウスはみんな仲良くて、交流が盛んです。

オーナーの友人がシェフでみんなに振る舞ってくれました!

 

みんなでparty

こんな感じで、食事がフリーでよく提供されます…!至れり尽くせりで逆にこんなにしてもらってもよいのかしらってくらいです笑

チェックインやチェックアウトの方法

チェックインやチェックアウトなどについては予約が完了すると、メールで以下のような内容が送られてきます。

  • チェックイン時間:14:00~23:30(23:30をすぎる場合は連絡)
  • チェックアウト時間:12:00まで

この時間を守れば大丈夫です。

チェックインのときに、300HTBデポジットする必要があります。(デポジットなのでお金はチェックアウト時に返金されます)

チェックイン時に必要な金額は、宿泊金額デポジット金額です。

私の場合は、

上記の金額に加え300THB支払ったので、合計1788THB支払いました。

そしたら、ヘヤに入るカードキーをもらうのでお部屋まで案内されて終わりです。

チェックアウトのときは、カードキーを返却するだけです。

ルール

基本的にルールはないですが、自分で使用したものはきれいにすることや、他の宿泊客の方に迷惑にならないようにすることくらいです。

また、トイレは日本と違ってトイレットペーパーを流してはいけません。

トイレ内に設置されているゴミ箱に入れてくださいね。

食事事情

タイ料理は個人的に美味しくて好きです。

パクチーやココナッツ責めで嫌だなって思ってたんですけ、そんなことなくて。屋台とかに行くとたしかにパクチーは大量に出されることがあるみたいですが、大きなショッピングモールにいけば観光客向けの料理がでてきますよ。

ここはレモンファームというオーガニックショップ内のレストランです。

 

料理としては辛くて甘いものが多く、香辛料はそれに加えて酸味のあるものがでてきます。暑い国ならではの食文化だな〜と思いながら食べています笑

おまけ

おまけです。

10THBコインは結構使います

10THBは、電車や洗濯機などで利用するので合ったほうがよいです。

電車乗る時に、両替機がない場所もあります。ない場合は電車の改札窓口で両替してもらう必要があります。

あとは、お店に行った時に「10THBコインほしい…!」を英語でいって、20THB札から変更してもらうことも可能です(仲良くなったお店だとやってくれる可能性大)。

お正月は4/13~4/15

タイのお正月は街全体で水を掛けあうまつり(ソンクラーン)があります。水鉄砲で水を掛け合いますので、財布やパスポートは持っていくと使い物にならなくなるので置いておきましょう。

服は「民族衣装を着てみない?」とオーナーさんに言われただけなので、お正月とは関係ありません。

 

持っている水鉄砲で街にでるようです。

詳しくはタイ国政府官公庁日本事務所のHPを御覧ください。

まとめ

タイは身近で簡単に行けるところなので、何度か訪問しようと思っています。

また、物価が安いときまでは滞在していく予定です。市街地だと結構お金がかかるので来週はすこし市街から外れた場所に宿泊します。

 

ABOUT ME
mayupon
占い師&管理栄養士です🔮世界の食、占い、文化が知りたくて世界旅行計画中✈️民族衣装好き👘都市伝説好き🌿直感と感覚、運で生きてます💎▶︎🇬🇺🇨🇳🇹🇭管理栄養士、KIJ Advancedまで修了(マクロビ)、九星氣学鑑定士、西洋占星術、ヴィパッサナー瞑想